「ブログの極意」を今すぐ受け取る

【初心者向け】WordPressとは?できること・できないことを紹介!

ブログを始めるにあたって、
「ブログをやるには、WordPress(ワードプレス)がおすすめ!」
とよく聞くますよね。

実際、有名なブロガーはほとんどWordPressを使っています。

しかし、「WordPressとは何か」よく分かっていない方も多いのではないでしょうか?

あなたも、WordPressをよく分かっていないからこの記事を読んでいるはずです。

 

そこで今回は、

  • WordPressとは?
  • WordPressでできること
  • WordPressでできないこと

この3つについて説明していきます。

WordPressは難解な印象があるかもしれませんが、難しいことは何も言いません。初心者の方にも分かりやすいように、説明するので安心してください。

 

ブログを始めたい方は、この記事を読んでWordPressの大まかな概要を理解しましょう。

 

そもそもWordPressとは?

WordPressが分からない人

「WordPress」とは、ホームページを簡単に作るためのツールのこと。

WordPressがあれば、ホームページをつくる専門家でなくても、簡単に、そして素早くホームページを作成できます。

しかもWordPressは無料で使えます。

 

今や誰もが、世界中に情報を発信できる時代。個人のブログが増えているのは、簡単ブログを作れるWordPressがあるおかげです。

それでは、WordPressについてもう少し詳しく説明していきましょう。

WordPressは誰でも自由に使えるソフトウェア

人々

2013年にブログ作成システムとして公開された、WordPress。

「WordPressはなぜ、支持されてきたのか?」
「そしてなぜ、無料で使えるのか?」

答えは、WordPressはオープンソースのソフトウェアだからです。

 

「オープンソース」とは、要するにソフトの設計図を無償で公開し、誰でも自由に改良できるソフトウェアのことです。

そのため、私たちはWordPressを無料で使用できます。そして日々改良が重ねられていることでWordPressはアップデートされ、多くのユーザーに使われているのです。

WordPressは実はブログではない!?

実は厳密にいうと、WordPressはブログではなく「CMS」といいます。

CMSとは「コンテンツマネジメントシステム」の略。
要するに、ウェブサイトを構成する画像・記事データ、ページなどのコンテンツを管理して、適切な形でウェブサイトとして表示してくれる仕組みのことです。

 

そのため、プログラミングなど専門的な知識とスキルを駆使することなく、簡単にブログやホームページが作れるわけです。

時間と労力がかからないので、誰でも気軽に始められます。

シェア率30%!有名企業も使うWordPress

WordPressの企業使用

簡単かつ無料で利用可能なWordPressは、個人ブログだけでなく、企業や口コミサイトなどにも利用されています。

WordPressの世界でのシェア率は、2017年時点で29.2%!
つまり世界の約3分の1のサイトが、WordPressで作られていることになります。

 

ちなみに、2011年でのシェア率は13%のため、わずか6年で16%も伸びています。

有名企業もWordPressを使用して公式ホームページを制作しているので、いくつか紹介します。

クックパッド

クックパッドのホームページ

▶クックパッドのHP

カカクコム

カカクコムのホームページ

▶カカクコムのHP

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツのホームページ

▶メルセデス・ベンツのHP

さらにあのWebメディアも…

企業だけでなく、月間訪問者数が100万人を越えるような大手WebメディアもWordPressを使っています。

WordPressでも、ここまで大きいメディアを運営することが可能なのです。

ロケットニュース(月間訪問者数600万以上)

ロケットニュース

ロケットニュース

日刊SPA!(月間訪問者数140万人以上)

日刊SPA

日刊SPA!

ゲキサカ(月間訪問者数130万人以上)

ゲキサカ

ゲキサカ

ここが凄い!WordPressでできる5つのこと

WordPressでできること

「WordPressとは何か」が簡単に分かったところで、具体的にWordPressによって何ができるのかを紹介していきます。

全ての操作や記事の執筆を簡単に行える

WordPressでは、記事の投稿や画像のアップロード、カスタマイズなどを管理画面から簡単に行えます

視覚的に各操作ができるため、非常に分かりやすいのが魅力的です。

 

こちらがWordPressの管理画面↓

WordPressの管理画面

例えば左にある「投稿」では記事の執筆を。「メディア」では画像のアップロード、「外観」では、サイトのカスタマイズができます。

 

また実際に記事を書く際も、WordPressなら何も困ることはありません。

記事を書くときの画面がこちら。

WordPressでの記事執筆画面

  • 文字のフォントや色
  • 見出しと小見出し
  • リンクの挿入
  • 文字の揃え方

などなど、クリック一つで文字の装飾ができるのです。

 

もしWordPressを使わないで、上記のように文字を書きたいなら、

WordPressの執筆画面

このように、面倒な記述の方法をしなくてはなりません。
HTMLというプログラミングの知識が必要になります。

WordPressを使うことで直感的な操作、かつ視覚的に編集ができるため、初心者でも楽にブログを運営することが可能になります。

 

カスタマイズが自由にできる

WordPressの一番の魅力は、カスタマイズ性が高いことです。

ブログのコンテンツはそのままで、デザインだけを簡単に変えることができます。その機能は「テーマ」と呼ばれるのですが、WordPressの公式だけでも5000以上のテーマがあり、カスタマイズの可能性は無限大です。

 

また、テーマには無料のものと、有料のものがあります。

有料のテーマは、デザインが良かったり、記事の装飾機能と読まれやすい機能が充実してたりするなど、本格的にブログを運営したい人におすすめ。

一方、無料ブログのはてなブログやFC2ブログにはカスタマイズ性が少ないです。
無料ブログでも、デザインの変更や有料テーマの購入はできますが、カスタマイズ性においてWordPressには及びません。

プラグインで機能を拡張できる

もう一つ、WordPressの大きな魅力をあげるといったら「プラグイン」でしょう。プラグインがあることで、機能の追加が簡単にできます。

お問い合わせフォームの設置や、画像の圧縮、スパム対策がボタンひとつでラクラク可能に。

 

公式のプラグインは50,000以上もあり、WordPressで追加できない機能は無いといっても過言ではありません。

複雑な知識が必要な機能の拡張も、WordPressでは誰でも簡単に行なえます。

▶『本当に必要なのはこれだけ!WordPressのプラグイン9選【2018年版 】』

複数人で同時に管理できる

WordPressは複数人で管理できるため、チームで一緒にサイトを作る時に便利です。

また各人の権限も自由に設定可能。

記事を書くだけに設定したり、投稿もできるように設定したりなど、役割分担ごとに権限を設定すれば、トラブルなくブログとメディアの制作が進みます。

目的に沿ったサイトを作れる

WordPressは個人ブログの他、企業や大手メディアで使われていることは紹介しました。
しかしその他にも、より具体的な目的に沿ったサイトをWordPressで作ることができます。

 

例えば、

  • ECサイト
  • 予約サイト
  • 掲示板サイト

など、あなたがインターネット上でよく見る機能も、プラグインを使えば、誰でも作成可能です。

勘違い注意!WordPressでできない3つのこと

WordPressでできないこと

ブログを作るなら、絶対におすすめしたいのがWordPressです。

しかし、WordPressだけではできないこともあります。
勘違いしないためにも、早めに頭に叩き込んでおきましょう。

無料版だとWordPressの力を発揮できない

「えっ、さっきWordPressは無料って言ったのに」と思うかもしれません。

確かにWordPress自体は無料で使えます。

しかし、無料版WordPressを使うとWordPressのメリットを活かすことができません。

  • プラグインを使えない
  • デザインのカスタマイズが制限される
  • 広告が貼れない

などなど、WordPressでブログを始める意味が無くなってしまいます。

 

なのでブログを作るにはWordPressの他に、レンタルサーバーの契約と独自ドメインが必要になります。お金がかかるのですが、一年間の費用は高くありません。

あまりおすすめはしませんが、安いサーバーとサーバーなら月額100円ほどで始められます。本格的にブログをつくる場合でも、月々1000円〜です。

 

ブログは自分の資産となり、将来的に金を生む木となる可能性があります。そう考えるとサーバーとドメイン代は、初期投資としては安い費用だと思います。

必ずアクセスが集まるわけではない

ブログを始める以上、読んでもらえる回数、つまりアクセス数が増えた方が良いですよね。

WordPressを使えば、アクセスが増えるというのは完全に間違いです。
むしろ最初は、無料ブログよりもアクセスが集まりにくいです。

無料ブログで開設すると、初日からアクセスが見込めます。新着記事一覧や他のサイトからの流入があるからです。

 

WordPressでは、初日からアクセスがくることは、ほとんどありません。新しいドメインでは、そもそもGoogleにブログを認識されていないのです。

 

検索結果に表示され、安定的にアクセスがくるようになるのは最低でも3ヶ月を要します。

そのため、グーグルに評価されるようにSEO対策をするなど、地道な努力が必要。

 

ただ、WordPressのブログはスロースターターと考えていいでしょう。
適切なSEO対策と、継続的な記事更新を続ければ、最終的には上位に表示されるようになり、無料ブログよりも多いアクセスが見込めます。

確実に稼げるようにはならない

WordPressを使うからといって、確実に稼げるようにはなりません。

一見楽にブログで稼ぐように見える人には、考え抜かれた戦略があります。

  • サイト構築
  • webマーケティング
  • SEO
  • マネタイズ方法
  • SNS運用

などなど、様々な知識をフル活用してサイト運営しなければ稼ぐことはできません。

 

WordPressを使うのはあくまで手段です。稼ぐためには地道な努力と、戦略が必要なのです。

結局は、適切なSEO対策と読者が満足する記事のコンテンツを提供しているブログが「稼げるブログ」になります。

▶『SEO内部対策の基本|ブログ初心者が今すぐできる6つのポイント』

【まとめ】WordPressを使ってブログを始めよう

今回の記事の内容をざっくりまとめます。

  • WordPressはブログを簡単に作るためのツール
  • 簡単に管理と記事の執筆ができる
  • カスタマイズ性が凄い

 

今からブログを作るなら、断然WordPressがおすすめです。

WordPressを使えばプログラミングの知識はなくていいので、記事を書くこと、戦略を練ることに多く時間を使えます。

初心者だからこそ、WordPressを利用してブログを作ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です