「ブログの極意」を今すぐ受け取る

Ubersuggestの使い方|無料で使える最強SEOサジェストツール

ubersuggesの使い方

検索順位を上げるSEO対策(検索エンジン最適化)の第一歩は、キーワード選定です。

キーワードサジェストツールを使えば、関連するキーワードを大量に抽出してくれます。

しかし、キーワードサジェストツールは有料のものが多いのが現状。
無料版でも使える機能は限られており、有名な「Googleキーワードプランナー」もお金を払わないと全ての機能を使うことはできません。

 

しかし今回紹介する「Ubersuggest(ウーバーサジェスト)」は、無料でも充実の機能をほこります。

  • 無料でも十分使える
  • 大量のキーワードサジェストを抽出できる
  • 検索ボリュームが詳細に出る

正直、無料でここまでできるツールはありません。

それでは、Ubersuggestの使い方を誰でも分かるように解説していきます。

SEO対策はキーワード選定から始まる

 

キーワード選定は、なぜSEO対策の第一歩なのか?

それは、キーワードからユーザーが求めている情報を理解することができるからです。

例えば「SEO」と調べると、検索結果にこうでます。

seoのサジェスト

「SEO」は、「対策」や「とは」と一緒に調べられることが多いようです。

 

なので、こうしたキーワードを含んだ内容を書いてあげれば、ユーザーが求めているコンテンツになります。

さらに、キーワードがあることで検索エンジン(Google)も内容を理解しやすいので、SEOに良い影響を与えます。

誰も検索しないようなキーワードで記事を書いても、アクセスは集まりません。
キーワード選定は、SEO対策の基礎なのです。

 

キーワードサジェストツールとは?

 

キーワードサジェストツールの機能は2つ

  • 大量のキーワードを一度に抽出してくれる
  • 検索ボリュームが分かる

いちいち検索結果を調べて、キーワードを選定するのはとても面倒です。

キーワードサジェストツールは、調べたいキーワードを入力するだけで、関連するキーワードを表示してくれます。

 

検索ボリューム
月間の検索数のこと。

検索ボリュームが1,000あれば、1ヶ月にそのキーワードで1,000回検索されたことになる

例えば「SEO 大根」というキーワードで検索順位が1位になっても、検索ボリュームがなければアクセスが望めません。

「SEO 大根」で調べる人はいませんよね。

なのでキーワード選定の際は、検索ボリュームも大切になるのです。

 

Ubersuggestの使い方

それでは、Ubersuggestの使い方を丁寧に解説します。

まずは、Ubersuggestのサイトに飛んで下さい。

▶『Ubersuggest』

指定したキーワードを調べる

ubersuggestのトップページ

すると、このようなトップページに飛びます。日本語表記はありませんが、直感的な操作でできるので大丈夫です。

 

検索窓では、

ubersuggestの検索

  1. 左側に調べたいキーワードを入力
  2. 検索タイプはWebを選択
  3. 言語はJapaneseを選択

これで「LOOK UP」をクリックします。

 

ちなみに検索タイプはWebの他に画像、動画、ニュース検索も選択できます。

それぞれの検索タイプによって、調べられるキーワードが違うからです。

検索結果の見方

ubersuggesの結果

「seo」で調べた場合の結果は以下の通り。

  • 検索ボリューム=40500
  • 広告単価=4.83ドル
  • 競合=0.33

広告単価は、気にしなくてOKです。

競合(SEO難易度)は、1に近づくほど難しく、0に近づくほど簡単になります。

サジェストキーワードの見方

画面を下にスクロールすると、サジェストキーワードが見れます。

ubersuggestの結果

サジェストキーワード数は、753です。

 

ubersuggest月別

また、月別の検索ボリュームも表示できます。

検索ボリュームは季節によって変動することもあるので、この機能は便利です。

 

しかし、よく見て下さい。

ubersuggestもサジェストキーワード

サジェストキーワードに「seo」の文字がないものがあります。

さらに、検索ボリュームの数もバラバラに並んでいるのでわかりにくいです。

 

フィルター機能を使う

サジェストに「seo」のキーワードを入れるためには、フィルター機能を使います。

ubersuggestのフィルター

検索窓に指定したキーワードを入れて「GO」をクリック。

 

ubersuggestのフィルター結果

すると、全てに「seo」が入ったサジェストキーワードが表示されました。

昇順・降順に設定する

次に検索ボリュームを揃えましょう。

 

ubersuggest降順昇順

赤枠のところをクリックすれば、検索ボリュームが昇順になります。

基本的には、降順を使うことは無いと思います。

なお検索ボリュームはありすぎても勝てないし、なさすぎても検索されないので最初は「500〜1000」ぐらいのボリュームを狙うのがおすすめです。

 

その他の機能

サジェストの種類は「Google Keyword Planner」と「Google Suggest」の2種類あります。

ubersuggesのサジェスト種類

特に選ぶ理由もないので、2つにチェックが入っていればOKです。

 

また、除外するキーワードも設定できます。

ubersuggesの除外キーワード

 

データを保存する方法

ubersuggesnoCSV

表示されたデータの結果は、CSV形式で保存できます。

 

しかしそのまま開くと文字化けしてしまいます。

ubersuggesのCSVファイル

形式を変えれば文字化けしないで保存できるのですが、面倒なのでコピーしちゃいましょう。

メモか何かにコピペすれば、十分見れます。

ubersuggestのコピー

 

Googleキーワードプランナーとの違い

 

キーワードサジェストツールとしては「Googleキーワードプランナー」があります。

しかしキーワードプランナーは無料で使うと、詳細な検索ボリュームが表示されません。Googleキーワードプランナー

「1万〜10万」、「1000〜1万」などと、かなりアバウトな検索ボリュームです。

一方のUbersuggestは、無料で使えて詳細な検索ボリュームが見れるので、お得なわけです。

 

まとめ

キーワード選定は、SEO対策の要です。

高額なサジェストキーワードツールには勝てませんが、Ubersuggestでもキーワード分析は十分できると思います。

しっかりキーワードを選んで、アクセスアップにつなげましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

「ブログの極意」を受け取る方はこちらから ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です